離婚の慰謝料請求って?人には聞けないプライベートの金額

Bengo.com

いざというときに役立つ知識「離婚の慰謝料請求前に相場チェック」

離婚の慰謝料請求って?人には聞けないプライベートの金額

離婚の慰謝料

夫婦の別れ、離婚。その選択をしたならば、夫婦2人でこれからのことを話さなくてはいけません。未成年の子どもがいるのであれば養育費も必要です。
離婚の原因がどちらか一方に責任があるなら、配偶者に対して誠意を込めた慰謝料も発生します。離婚時の慰謝料請求が困難だというときは弁護士の力を頼りましょう。

金額の決め方

慰謝料が発生すると認められたら、次に金額を決めていきます。夫婦で話し合う協議離婚であれば2人で決められます。しかし、夫婦の間にもつれが生じ弁護士を間に挟むときは、原因となる事由と経済力を基にしていきます。あくまで相場ですが、原因が不倫であれば150~500万円、生活の非協力などだと50~300万円だとされています。
夫婦同士でやり取りすることもできますが、相手と意見が相違したりそもそも連絡が取りづらかったりするなら弁護士を介入させるべきです。離婚問題はスパッと切り上げた方が双方の為になります。

責任を果たす

正当に慰謝料請求するときには、しっかりその内容を書面化して双方が持っておきましょう。その書面を公正証書と呼びます。その作成は弁護士を始め、行政書士、司法書士が代理で行なってくれます。
公正証書の効力は強く、支払いに応じないときは支払う側の財産を差し押さえることも可能です。
こうした公正証書は、家族への相続時などあらゆるシーンで活用されます。

離婚のときに必要になる手続き

  • 国民健康保険
  • 住民票移動
  • 世帯主変更
  • 印鑑登録
  • 社会保険or国民年金
  • 児童扶養手当