不倫で離婚する夫婦「円満な別れの為に2人の架け橋を作ろう」

Bengo.com

弁護士が不倫での離婚をまとめる【正当な慰謝料請求】

不倫で離婚する夫婦「円満な別れの為に2人の架け橋を作ろう」

不倫が原因の離婚、慰謝料を請求できる場合

不倫は配偶者に精神的苦痛を与える行為として、慰謝料支払い義務が生じます。しかし、不倫という不貞行為が過失であったか、故意であったかによって慰謝料の行方が変わってきます。慰謝料を請求できるケースには次のようなものがあります。
・不倫相手も、自分の配偶者が既婚者だと知っていた
・配偶者の不倫が原因で夫婦関係が壊れた
この二点はどちらも大きな精神的苦痛を与える行為、と法律でも認められています。慰謝料の行方を確固たるものにするには確かな情報を掴み、それを元に自分の意見を主張しましょう。証拠を押さえることは必須です。

慰謝料を請求できない場合

同じ不貞行為であっても、なんと慰謝料を請求できない場合があります。そんな馬鹿な、といいたくもなることですが、そのケースには一体どのようなものがあるのか確かめていきましょう。不倫による離婚であっても慰謝料を請求できないケースは次のとおりです。
・不倫相手が、自分の配偶者が既婚者だと知らなかった
・不倫が発覚する以前から、すでに夫婦関係が壊れていた
しかし、一点目に関しては不倫相手に慰謝料を請求できないものの、配偶者には過失があることから慰謝料請求することが可能です。

弁護士に依頼した方がいいケース

  • 意見が相違する
  • 言動が一転二転する
  • 離婚を認めない
  • 暴力をふるう
  • 連絡がとれない