Bengo.com

弁護士に依頼するなら実績と費用を比較「未解決もスッキリ解消」

弁護士費用は事務所によりけり

弁護士に相談するときは時間によって金額が加算されます。事務所によって金額の差はありますが、一般的な相場として30分~1時間3,000円とされています。あらかじめ予算と比較しながら依頼先となる弁護士事務所を選びましょう。

風俗店の開業を実行する前に確認!用途地域と告示地域

用途地域

風俗店のオーナーを目指すなら、建てていい場所とそうでない場所の認識が必要です。用途地域は後者にあたる地域で、学校や図書館など教育施設が建ち並ぶところを指します。一般の人、特に子どもに悪影響を与えない為に定められています。

告示地域

用途地域がある一方で、風俗店を建てるに問題のない地域もあります。それは告示地域と呼ばれ、風俗営業許可を取得さえするとお咎めもなく営業することが可能です。しかし、深夜営業の場合、告示地域であろうとなかろうと客引きや接待などの行為は禁じられています。

参考になる解決事例

弁護士事務所の決め手はやはり「解決力」!それが高いほど頼りがいがあるでしょう。自分が抱える問題の分野にそって、過去にどれほどの解決実績をもつのか確かめることです。

弁護士の選び方

有能弁護士を選ぶときは過去の実績をチェックしましょう。難関な案件を解決した弁護士であれば、風俗営業許可や不倫、相続、借金などあらゆる分野で解決してくれます。しかし高確率で成功を求めるなら、専門分野に特化した弁護士を選ぶのも手。

幅広く依頼を受け付ける弁護士に相談しよう!店舗開業前にすべきこと

始めに打ち合わせ

弁護士に依頼する前に、メールや電話で問い合わせしておきましょう。そうすると、実際に打ち合わせする時にスムーズに進められます。弁護士に相談される内容にはプライベートなものが多いですが、弁護士には守秘義務があるので安心して話しましょう。
依頼成立となったら、その案件を叶える為に必要書類を準備し始めます。例えば風俗営業許可。キャバレーやスナックを営業する為には風営法1号営業する為の申請書が必要になります。
弁護士に依頼さえしたら、後は全ての手続きを代行してくれるので非常に楽なものです。

申請から許可取得まで

申請時に一点、気をつけたいことがあります。先に個人で風俗営業許可を取得しても、後に法人へ引き継ぐことは不可能です。その為、後々法人で営業したいと考えているならば、いっそのこと初めから法人で申請しておくのが無難です。
一度の申請手続きでも代行費が20万円前後掛かることもあるので、決して安い金額だとは言えません。無事申請が済んだら、後は許可を取得するまで待つのみとなります。

頼れる法律のプロ!弁護士に依頼して大満足の声

初めて知った時効の援用   (男性:30代)

これまで収入と支出のバランスも考えずに、足りなくなったときに借金するという生活を送っていました。そんな生活を繰り返してきたので、全額返済できることもなく、そのまま未返済の日々が続くことに・・・そんなときに知った時効の援用。ある2つの条件をクリアするだけで合法的に借金がチャラになるなんて思いもしませんでした。手続きには内容証明させるなど特別なことが必要になるので、弁護士の力を借りて本当によかったなと思います。